超音波を肌にあてるキャビテーション。脂肪細胞内にある水分を気泡化させることにより、脂肪を乳化し、老廃物として体外に排出する痩身施術です。エステサロンの施術では、その効果を高めるために脂肪燃焼クリームが用いられることがあります。

痩身効果で注目されているキャビテーション

空洞現象という意味を持つキャビテーション

キャビネーションによる痩身は、特殊な超音波を使用して脂肪やセルライトに空洞現象を発生させ、脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らすという仕組みです。施術によって脂肪乳化した脂肪細胞は、浮遊脂肪酸となり体内で燃焼されたり、肝臓へ送られて尿として排出されたりします。エステによっては、効果を上げるためにラジオ波や脂肪燃焼クリームなどとの組み合わせで施術されることもあります。

キャビテーションは、特殊な超音波を用いて、脂肪やセルライトを破壊することができる機器で、主に部分痩せに用いられます。脂肪細胞自体が破壊され、数が減少するために、リバウンドのない痩身法として注目されています。キャビテーションの特徴は、リバウンドがないことと、強いもみほぐしがないことです。

そのため、効果があっても揉みかえしがくるのが不安という方におすすめです。メスを使わずに、お腹回りや二の腕、太ももやおしりに働きかけていくことができます。

脂肪燃焼クリームが使われることも

キャビテーションの施術の際には、マシンの滑りを良くするため、身体にマッサージクリームを塗布します。より高いキャビテーション効果を得るために、脂肪燃焼クリームを塗ることもあります。

そして、痩せたい部分にマシンをあて、マッサージするように施術が行われます。キャビテーションの施術の後は、脂肪が老廃物として体外に排出されやすい状態となっているので、リンパマッサージを併用することで、さらに高い痩身効果を実感できます。

また、キャビテーションと相性のよいのがラジオ波による施術です。施術の流れとして、キャビテーションの前後にラジオ波をセットで組んでいるエステもあります。脂肪燃焼クリームは、ラジオ波の効果をより高めてくれるものとしても、よく使われています。

体脂肪率を減らしたい時にもおすすめ

キャビテーションの施術の魅力の1つが、スッキリと確実に体脂肪を落とせることです。健康診断等で指摘をされた体脂肪率を上手く落とすことができずに悩む人は少なくありません。そんな人にも、最新マシンや脂肪燃焼クリームを駆使して行われるキャビテーションはおすすめです。

通常、体脂肪を落としたいと考えた場合、筋肉をつけ、体の代謝を上げた状態で有酸素運動を行っていくのが効果的です。ただ、なかなか運動をする時間を作ることができないという人は少なくありません。更に、例え一時的に体脂肪を落とすことができたとしても、運動を辞めた途端、また脂肪の多い体に戻ってしまう人も多いのです。

プロの手でマシンを当て、脂肪燃焼クリームを塗ってもらうキャビテーションなら、運動の苦手な人でも効率的で簡単です。

リバウンドのリスクも少ない施術

体脂肪率が気になるなら、リバウンドしにくいことでも人気のキャビテーションがおすすめです。

キャビテーションは、体の中の脂肪を溜め込む原因、脂肪細胞を直接破壊していく効果があります。破壊された脂肪細胞は、乳化状態となり、肝臓で分解された後、自然に体外に排出されていくことになります。合わせて行われるマッサージケアや脂肪燃焼クリームも、脂肪減少の効果に役立つものです。

ですから、体の中の脂肪の量を減らす可能性が高く、確実に体脂肪率を減らしたいと考えている人に最適な施術です。その上、キャビテーションでは再び脂肪がつきにくいので、施術が完了した後も、体脂肪率が低い状態を維持しやすくなります。

肌の引き締め効果も得られるキャビテーション

キャビテーションは、1回の施術でも3センチから6センチの痩身効果を実感できる人が多く、切らない脂肪吸引とも呼ばれています。

キャビテーション機器の照射や脂肪燃焼クリームを使った施術は、でこぼことした皮膚表面をなめらかにして、引き締める作用があります。セルライトができてしまったお肌は滑らかさを失いますが、部分痩せの上にお肌の質感をすべすべに蘇らせてくれるのがキャビテーション施術の効果です。

手強いセルライトを除去でき、肌の引き締め効果もあることから、ただ痩せるだけでなく、美しい素肌も同時に手に入れることができるのです。夢のような痩身術といえますね。

キャビテーションは、主に、エステサロンなどで施術を受けることができます。マシンの効果や脂肪燃焼クリームなどに疑問があるなら、カウンセリング時に注意点などの説明を聞き、不安をなくしてから施術に臨むようにしましょう。セルライトは運動などで落とすことが難しいとされていますので、セルライト解消、部分痩せに役立ててみてはいかがでしょうか。

キャビテーションとの相乗効果バッチリ!脂肪燃焼クリーム

脂肪燃焼クリームを塗る目的は?

ところで、エステサロンで使われている脂肪燃焼クリームは、マッサージ時によく使われているトロリとしたクリームとは効果が違うものなのでしょうか?見た目にはそれほど変わりがなくても、実際にはこの2つのクリームの目的は異なります。

マッサージ用クリーム 皮膚表面の潤滑をよくして摩擦を軽減し、肌への負担を抑える
脂肪燃焼クリーム 配合されている成分で、脂肪の分解や燃焼効果をサポートする

エステでは、施術やその目的に合わせたクリームが利用されています。脂肪燃焼クリームなら、キャビテーションの脂肪細胞への作用やラジオ波のじんわりとした温感効果も更に高めてくれるわけです。あきらめかけていた下半身痩せのほか、セルライトや冷え性の改善、むくみなどの悩みにも効果を発揮してくれます。

セルフボディケアにも脂肪燃焼クリームを!

エステで用いられている脂肪燃焼クリームは、自宅用に取り扱いがある場合があります。自宅でのセルフマッサージの効果を上げたいなら、こういった脂肪燃焼クリームを取り入れるのもよいでしょう。

また、市販されている脂肪燃焼クリームやスリミングジェルを購入して使ってもかまいません。その場合、配合されている成分をチェックした上で自分に合う商品を選ぶのがおススメです。脂肪燃焼クリームによく使われているのは、次のような成分です。

  • トウガラシエキス…温感作用。
  • カフェイン…脂肪の分解。血行の促進効果。
  • バニリルブチル…血流促進。脂肪の分解や燃焼。
  • ユーグレナ…脂肪の吸収や排出。
  • フィトソニック…脂肪分解酵素の活性化。

このほか、脂肪燃焼クリームには美容成分が配合されていることもあります。

リンパマッサージは、血行のよくなっているお風呂の後にリラックスしながら行うのが効果的です。リンパは肌表面から近い位置を巡っているため、あまり力を入れ過ぎないのがポイントです。しっかりと水分を拭き取った肌に脂肪燃焼クリームを塗ってから、やさしくマッサージしましょう。

サウナがキャビテーション効果を高める理由とは

ダイエットの道を阻むセルライトの存在

細く引き締まったプロポーションは、多くの女性にとって理想。そのプロポーションを目指してダイエットに励む人は少なくありません。

ですが、必死にダイエットに励んでも、痩せる効果が得られなかったり、お腹や太ももの脂肪がなかなか取れなかったりするものです。そういったケースでは、脂肪の塊であるセルライトができている可能性が高いのです。セルライトは、通常のダイエットではなかなか落とせない、厄介な存在です。

ですが、キャビテーションの施術を受けることにより、厄介なセルライトでさえ落とすことが可能だと言えます。というのも、キャビテーションは、超音波振動を直接固い脂肪に当てることで、脂肪の分解を促進するという施術だからです。

併用される脂肪燃焼クリームによっては、更に高い効果も望めます。キャビテーションでは、脂肪を強く揉むことや切り開いて除去するといったことは行わないので、施術による痛みもほとんどなく、傷跡が残る心配もありません。

キャビテーション前のサウナが良いとされるわけ

そんなセルライトの解消に高い効果を示すキャビテーションでは、施術を受ける前にサウナに入ることがあります。

どうして施術前にサウナに入るかといえば、サウナの熱により、セルライト等の脂肪の塊の固さが取れて、より分解しやすくなるからです。つまり、サウナは、高い温度で脂肪に働きかけ、キャビテーションの脂肪分解効果をより高めるものなのです。

キャビテーション後に行いたい有酸素運動

キャビテーションと有酸素運動の相乗効果

キャビテーションは、脂肪にのみ影響を与える周波数の超音波をあて、脂肪細胞を乳化させ排出しやすくする痩身法です。切らない脂肪吸引と言われるほど即効性があり、安全性の高い痩身法として注目されています。

気になる部分に超音波をあてるだけで部分痩せが可能で、脂肪燃焼クリームやラジオ波との相乗効果で頑固なセルライトの解消にも効果があります。このように、キャビテーションは理想のプロポーションを手に入れるために有効な痩身法です。

おすすめ!
その効果をいっそう高めるためにおすすめなのが、有酸素運動を取り入れることです。

キャビテーションの施術を受けると脂肪細胞が破壊され、乳化が始まります。この効果は2〜3日続き、乳化した脂肪は数日かけて体外へ排出されます。通常の生活を送っていても乳化された脂肪が排出されますが、施術後は脂肪が柔らかく燃焼しやすい状態にあるため、この時期にストレッチなどの有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果がさらに高まります。

有酸素運動をすることで起こる嬉しい効果

超音波の技術や脂肪燃焼クリームを用いるキャビテーションは、脂肪細胞を破壊するだけではなく、代謝の向上や体が温まるという効果も期待できます。そのため、施術後に有酸素運動を行うことで、老廃物の排出やエネルギー消費をしやすくなるのです。

有酸素運動は、軽いウォーキング程度のもので十分です。キャビテーション後、体内の脂肪が燃焼しやすく、代謝が高まっている時にこそ、有酸素運動でさらに痩身効果を高めましょう。