ぽっこりお腹やたるんだ太もも…。なかなか落ちない脂肪やセルライトの悩みは、美容エステに行き、人気のキャビテーション施術を受ければ、簡単に解消できるかもしれません!しかし、専用マシンを使用するキャビテーション施術に危険性はないのか、不安に感じる人もいるでしょう。超音波の振動を脂肪の塊に直接送り込んで、その塊を分解するというキャビテーションのデメリットや危険性について、説明します。

人気のキャビテーションにはどんな危険性があるの?

危険性が少ないと言われているキャビテーション

キャビテーションは、エステサロンや美容外科クリニックの最新マシンを駆使して行われる施術です。一般的に難しいとされる部分やせも容易にできる上にリバウンドしにくい、とさまざまなメリットがあるとされています。しかし、本当に危険性なく、体重や脂肪が落とせるのでしょうか?

キャビテーションでは、体内の脂肪に働きかける周波数の超音波を利用します。機器から発せられた超音波はその部位の脂肪内に小さな気泡を生じさせ、脂肪細胞を破壊していきます。乳化した脂肪が、その後リンパや血液の流れにのって、体外へ排出されていく、というのがキャビテーションによるダイエットの原理です。

超音波は肌の上から当てるだけなので、メスで切ることや注射することもありません。これが、危険性が少ないと言われている理由でしょう。

ダイエットを頑張り続けているのに、全然痩せられない、サイズダウンできないと悩んでいる人は、身体にセルライトができているのかもしれません。セルライトは、脂肪が集まり、それが固くなってしまったという頑固な塊です。食事制限や激しい運動といった通常のダイエットでは、なかなか解消できない、実に厄介な存在です。

キャビテーションは、そんなセルライトの解消さえ痛みや危険性なくできるとされています。だからこそ現在、実に数多くの美容エステが、この利点の多いキャビテーションの施術を行っているのです。

身体に不調がある場合は施術を避けよう

キャビテーションは、脂肪細胞に直接働きかける効果があり、1回で痩身効果を実感できる人も多いことで人気の高い施術です。切らない脂肪吸引とも呼ばれるほど、効果の高さで人気のキャビテーションは、体に負担が少なく安全性が高い施術としても、知られています。ただし、危険性がまったくないわけではありません。

キャビテーションは痛みが少なく、身体への負担が少ない脂肪分解法です。そのため多くの人に利用可能ですが、注意すべき点もあります。

ここに注意!
いくら身体への負担が少なくて済むとはいえ、危険性がゼロではないのです。

キャビテーションを受ける前に身体の不調を感じているなら、負担が大きくなる危険性があるので、無理に施術を受けるべきではありません。

施術中や施術後に起こり得る体へのリスクとは?

キャビテーションの施術中や施術した後に、誰でも起こり得る危険性としては、次の3つがあります。

症状 対処法
施術中 耳鳴り 一時的なもので心配はいらない
施術後 消化器官の不調 施術前後の2時間は食事を控える
施術後 肝臓への影響 施術前後日のアルコールを控えておく

超音波を照射した際に、その振動で骨が震え、骨伝導で耳に届くと金属音が響きます。これが施術中に耳鳴りがする原因です。

また、キャビテーションの施術後に胃や腸に違和感を感じる人もいます。更に、溶け出した脂肪が一旦肝臓に押し寄せることから、肝臓に負担をかける危険性もあります。

といっても、キャビテーションの影響のみで後遺症が出るようなものではありません。一時的な症状であり、時間が経てば自然に改善されます。不快感を少しでも減らすために、これらの危険性があるのを覚えておき、体調を整えておきましょう。

不安がある場合はカウンセリングで相談しておく

キャビテーションは部分痩せをしたい方など痩身効果がとてもあるとして人気が出てきている施術です。キャビテーションには、危険性なく施術を行える専用の機械を使います。キャビフル、キャビリボ、ゼロフュージョンなどはその代表的なものです。

痩せたい部分にマシンを使用すると、超音波の振動で脂肪の層に気泡が発生します。この気泡により、体内で固まってしまっている脂肪の細胞膜を分解し、液状化させてから体外に排出します。もちろん、この施術のみで痩せるというものではなく、キャビテーションをする前には、分解後の脂肪を排出させるためのドレナージュなどをしなくてはいけません。

実際に施術を開始する前には事前のカウンセリングが行われることがほとんどです。危険性に対しての不安がある場合には、その場でしっかりと相談しておくとよいでしょう。

キャビテーションを受けられない人もいる!?

キャビテーション施術を避けたい人とは

しかし、注意しなければいけないのは持病を抱えている人です。まず、糖尿病でその薬を飲んでいる方は、キャビテーションを受けることができません。その理由は、キャビテーションが糖尿病を始め、心臓疾患がある方や血管、皮膚に疾患のある方などに使用することが禁忌とされているからです。

それは、体の奥深くにキャビテーションの波長が届いてしまい、体の奥深くの組織まで損傷させてしまう危険性があるからです。せっかく痩せられたとしても、病気が悪化してしまっては意味がありません。同じように、ラジオ波やマイクロ波でも使用が禁止されています。

更に、重い病気でなくても、体の状態によっては危険性があるためにキャビテーションの施術を受けられない人もいます。

こんな人は気をつけて
ペースメーカーを埋め込まれている人
アトピーや皮膚に疾患や炎症がある人
妊娠をしている人や血管に問題がある人

美容外科クリニックなどの医療機関に相談を

体の状態に不安があるけれど、キャビテーションの施術に興味があるという人もいるでしょう。しかし、まだあきらめることはありません。その場合、エステではなく、キャビテーションを行っている医療機関でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

医療行為を行なうことができないエステに対し、医療機関は、問題が起きた場合でも適切な医療行為を行なうことが可能です。もちろん、状態によっては事前に不可と判断されることも考えられます。ですが、さまざまな危険性に対処できる体勢が整っている医療機関なら、安心してキャビテーション施術が受けられるでしょう。

キャビテーション現象は骨格矯正時にも発生している

カイロプラクティックを受けた際になるボキボキという音について

骨盤や背骨など骨格の歪みを整えるために行う手技療法は、美容や健康などの幅広い分野で利用されています。熟練した技術者によって施術が行われる限り、危険性なく健康な状態に導かれます。骨格を矯正することにより、自然治癒力が引き出され、痛みや不調を解消できるからです。これらの施術を受けた時に関節がボキボキとなるのですが、これもキャビテーション現象によるものです。

関節に物理的な力が加えられた場合は、内部には滑液の流れの中で真空に近い部分が生じます。そして小さい気泡が大量に生まれ、それらがはじけることになります。この気泡のボキボキ音がキャビテーションと呼ばれているものです。

ボキボキという音はキャビテーションの仕組みと関係があった

この危険性のない体の原理を利用した方法がエステティックサロンで考案されており、痩身のメニューに加えられています。それこそがキャビテーションです。関節ではなく、皮下脂肪の細胞の内部に気泡を発生させて、それをぶつかり合わせることにより燃焼を促進させるという仕組みです。

キャビテーションは、皮下脂肪と老廃物が癒着して生じたセルライトの除去に有効であり、若い女性を中心に人気を集めています。気泡を発生させるのは、危険性のない超音波の振動によるものであり、医薬品の使用や手術をすることはありません。マシンを使わない手技療法でも生じるキャビテーションの原理を応用したものです。ですから、副作用などの危険性を過度に心配することなく皮下脂肪を燃焼できる、と言えるのです。

キャビテーションにチャレンジするタイミング

人気のキャビテーションはこんな時に利用するのがおすすめ

ダイエットを自力で頑張ってやっていても、なかなか痩せないのが現状です。最近よく耳にするようになったキャビテーションなら、リバウンドの危険性なく無理せずスリムな体を手に入れられます。

結婚式などドレスを着なければいけないという、困ったときシーンに利用するのもよし、自分を変えたいと思った時に思い立ってするのもよし。きっかけはともあれ、自分のやろうと思ったタイミングで気軽に始めやすいのが、一番のメリットですね。

利用料金はそれほど高くはないですが、お店にもよります。場所だけで施術を受けるところを選んでしまうと、実はキャビテーションに力を入れていない施設だった、という危険性もあります。ですから、口コミ評価や体験談、費用など事前にチェックしておくのがオススメです。

予約前のポイント!
施術費用や回数、特徴など十分に確認してから予約を入れるようにしましょう!

ダイエットの良い結果になかなかたどり着けないで悩んでいる人がいるなら、是非ともキャビテーションを試してみてはいかがでしょうか。短期間でスリムな体に変化して、周りを驚かせてみるのも、面白いかもしれませんね。

キャビテーションを始めるなら生理中を避けて

しかし、キャビテーションの予約を入れる時に注意したいのが、生理期間に重なってしまう危険性です。多くのエステサロンでは、生理中のキャビテーション施術を行っていません。

女性の生理中は、ホルモンバランスの関係でどうしても太り気味になってしまいます。キャビテーションの効果も思ったほど得られません。

それだけではなく、生理中には普段より多くの血液を必要とし、肌がデリケートになっている可能性もあります。キャビテーションやそのアフターケアのマッサージでは、血流がよくなり、予想外のトラブルとなる危険性があるのです。キャビテーションを開始したい、と考えているなら、生理中を避けたスケジュールを立ててくださいね。